差圧スイッチ

製品紹介

Home / 製品紹介 / 差圧スイッチ

差圧スイッチ

2点間の圧力差を感知するダイアフラムの動きをレインジスプリングが受け止め、あらかじめ設定した圧力でスイッチをONまたはOFFにするのが差圧スイッチの原理です。ダイアフラムの動きは常にレインジスプリングによって抵抗を受けており、スイッチを作動させる圧力の範囲は、このスプリングの圧縮力を調節することによって定められます。

差圧スイッチ 1910

差圧指示計(マグネヘリック)

1910シリーズは最新の設計と精密な組立てにより多目的に使用できる微差圧スイッチです。主に空気調和用として用いられ、流体研究、冷凍装置、燃焼炉、乾燥炉等で活躍しています。

仕様
仕様
適用流体空気・非腐食性ガス・不燃性ガス
計器耐圧68KPa(両圧)
周囲温度0℃〜82℃
エレメントダイアフラム(シリコンゴム)
圧力接続口NPT 1/8(メス)
電気配線口22.2mmΦ
スイッチSP/DTマイクロスイッチ
15A、120〜480VAC
1/8HP 125VAC
1/4HP 250VAC
本体材質亜鉛ダイキャスト・亜鉛鉄板
寸法89Φ×63.5L(mm)
重量454g
付属品L型金具(1/8NPTオス×1/8PTメス)
オプション静圧管、銅管用継手、収納箱

ご紹介した商品の他にも多数取り揃えております。

製品紹介